イベント中止のお知らせ

「新型コロナウイルス」の感染が広まっている現状を受け、
以下予定しておりました復興リレーイベントは開催を中止させていただきます。

2/29(土) 音戸元気ワクわくフェスティバル
3/14(土)・15(日) 呉元気ワクわくフェスティバル

■イベント中止に伴うスタンプラリー対応について

2/29音戸、3/14・15天応での元気ワクわくフェスティバルが中止になったため、スタンプラリーの応募ルールを以下のとおり変更いたします。

【イベントコース】
各施設のイベント来場でスタンプ押印
(旧ルール)
●スタンプ3個以上 ⇒ 呉ものづくり賞応募
●スタンプ6個   ⇒ コンプリート賞(全員にオリジナルトートバッグ)

(新ルール)
◆スタンプ1個以上 ⇒ 呉ものづくり賞応募
◆スタンプ4個 ⇒ コンプリート賞(全員にオリジナルトートバッグ)
(川尻・蒲刈・倉橋・安浦)

イベントに1回でも参加してスタンプが1個以上ある方は、抽選に参加できますので、ぜひご応募ください。
4会場(川尻・蒲刈・倉橋・安浦)すべてにご来場の方には、コンプリート賞を全員に進呈いたしますので、ご応募ください。
なお、【周遊コース】【キャンペーンコース】は従来どおりのルールとなります。
スタンプラリーは3月15日まで継続中ですので、ぜひスタンプを集めて、ご応募ください。
※【応募締め切り】3月19日消印有効(変更なし)

元気ワクわく呉

野呂山元気ワクわくフェスティバルを開催しました

野呂山元気ワクわくフェスティバル

2019年11月3日(日)、広島県呉市川尻の野呂高原ロッジにて『野呂山元気ワクわくフェスティバル』を開催し、約1,000人の方々にご参加いただきました。

『野呂山元気ワクわくフェスティバル』の概要はコチラ

当日は息が白くなるほどの寒さでしたが、ステージ出演者の皆様、マルシェ出展の皆様、運営スタッフの皆様、そして来場いただきましたお客様のおかげで、大変熱く盛り上がるイベントなりました。

こちらでは、当日の行われた楽しい催しと、お客様の笑顔をレポートします。

元気ワクわくステージイベント

『野呂山元気ワクわくフェスティバル』は呉市内をめぐるリレーイベントの第一弾!

リレーのタスキを新原呉市長から野呂山観光開発公社の渡邉理事長へ。

本イベントの対象施設の代表者の方々にも集まっていただき、いよいよリレーイベントのスタートです。

呉氏も応援に駆けつけてくれました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

セレモニーに続いてのステージイベント。

まずは、野呂岩海太鼓保存会による、野呂岩海太鼓から幕開けです。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

呉市立川尻中学校吹奏楽部の演奏は、定番曲から最新Jポップ。

曲間では部員による楽曲の解説も。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

続いては、同じく呉市立川尻中学校の剣道部による試技です。

顧問の先生の軽妙な解説もともない、勇ましくもユーモラスな剣道部員がステージ上で熱のこもった試技を披露しました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

熱い剣技の次はオカリナ演奏。

Noro de オカリーナ、ハニーミントのオカリナグループと森岡桂子先生が、優しい音色を響かせてくれました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

途中、最近のヒットソング演奏では、キッズダンサーたちとのコラボレーションも。地域密着イベントならではの一体感です。

熱気もそのままにキッズダンスステージへ。

熱気もそのままにダンススタジオ ポライルのキッズダンスです。

まずはちびっこダンサーたちがお揃いの衣装で登場。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

続いては、小学生女子のダンス。

アイドルグループさながらのウエアでハツラツと踊ってくれました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

最後は、中学生・高校生・専門学校生の3人がダイナミックで個性的なダンスを披露しました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

午後からは、地元の同級生で結成した川尻おやじバンドの演奏です。

懐かしのヒットソングから洋楽まで、円熟した演奏を届けました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

フェスティバルの締めくくりは、豪華賞品をかけたじゃんけん大会。

野呂高原ロッジさんのご厚意と人気ゲーム機や衣装ケースにお菓子をどっさり詰め込んだセットなどが並んでいたので、子どもをはじめ大人たちのボルテージも最高潮!

野呂山元気ワクわくフェスティバル

そして、人気ゲーム機をじゃんけんで勝ち取ったのは、呉市広にお住いの坪川さん。

勝ったのはお父さんでしたが、喜んだのは子供たち(笑)。

ゲット記念にみんなで記念撮影。

おめでとうございます!

野呂山元気ワクわくフェスティバル
写真掲載の許可をいただきました。

呉元気ワクわくマルシェ

会場にはテントをズラリと並べてマルシェも開催。

名物のおいしい料理や生鮮品販売からワークショップまで多彩なお店が出展しました。

野呂山では『野呂くじら』と呼ばれる、野呂山で獲った猪肉が名産。

寒い日になったのでホカホカの猪鍋は大人気です。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

珍しい猪バーガーと猪ドッグも販売しました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

川尻猟友会のブースでは、猪ハンターによる猪肉の串焼き。

猟師さんが焼く串焼きは格別です。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

野呂高原ロッジの料理長手づくりのチラシ寿司や500円でミニクロワッサン詰め放題にもたくさんの人が。

他にも、呉てっぺんの家がシチューや、かど家の山賊焼きなど、バラエティあふれる食べ物が販売されました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

呉産かき振興協議会の協力で、呉市安浦町から牡蠣生産者も出展。

山根水産、沖友水産、新名水産の3社が新鮮な牡蠣を炭火で焼いて販売。

品切れしそうで、追加の牡蠣を取りに帰るほど、大人気でした。

呉の人たちはホントに牡蠣が大好きなんですね。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

川尻観光協会と呉広域商工会青年部は、縁日屋台を出展。

ポン菓子、射的、ゲームでちびっこたちに大人気でした。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

 

JA芸南からは、たまねぎ詰め放題など地元の新鮮な野菜を特価販売。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

今井園芸では、花を販売。人気のバラは早々に売り切れになりました。

会場にはワークショップコーナーも。

仁方のやすりで有名なワタオカは、やすりで木を磨いてMY箸づくり。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

岩本工房では、陶芸の絵付け教室を開催しました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

川尻郵便局では、記念切手などを販売。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

呉イングレス研究会には、スマホゲーム「ingress」のユーザー向けイベントが開催されていました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

そして、今年は、日本遺産 呉鎮守府開庁130周年記念ということで、実行委員会による無料ガラポン抽選会を実施。

レアなクリアファイルや牡蠣やミカンの詰合せセットをゲットしようと、長蛇の列ができていました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

野呂山元気ワクわくフェスティバル

呉復興リレーイベントでは、復興のパネル展示も開催。

今回のイベントでは、地元ロケをしたTVドラマ出演者の応援寄せ書きなどを展示しました。

会場周りには誘導のぼり旗、送迎バスもはしりました

野呂山は立地的に自動車で訪れる必要がありましたので、当日は無料の送迎バスも走りました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

また道中迷わないように、要所要所にはのぼり旗を立ててイベントへの誘導効果を発揮しました。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

野呂山元気ワクわくフェスティバル

リレーイベントはまだまだ続きます。スタンプラリーもね!

呉復興のリレーイベントは野呂山(川尻)を皮切りに、2020年1月26日に蒲刈、2月16日に倉橋、2月23日に安浦、2月29日に音戸と各地で行われます。

それぞれの地域の特色を活かした催しとなりますので、ぜひコンプリートされてみてはいかがでしょうか?

また同時にスタンプラリーも開催中です。

野呂山元気ワクわくフェスティバル

こちらも「イベントコース」はイベントに起こしいただけないとスタンプが押せません!

スタンプコンプリートのためにも、また純粋に呉をたのしむためにも、ぜひ今後のイベントもおたのしみに!

野呂山元気ワクわくフェスティバル

コメント

タイトルとURLをコピーしました